スポンサーリンク

【ネタバレ感想】『FF16』DLC第2弾『The Rising Tide 《海の慟哭》』をプレイしたことで再認識した魅力と不満

『FF16』DLC第2弾『The Rising Tide《海の慟哭》』をプレイした。 自由度の低さや不便さを再認識 まず自分が最近プレイしていたゲームが『FF7リバース』『Rise of the Ronin』とオープンワールドだったこともあり、久しぶりに再開した当初は「ここまで一本道…

【ネタバレ感想】片割れのために戦ってるつもりが日ノ本のために…、幕末オープンワールド『Rise of the Ronin』の魅力と不満

幕末を舞台にしたオープンワールドゲーム『Rise of the Ronin』をプレイした。 メタスコアイマイチも大絶賛の幕末ゲーム 本作は今年の3月に発売されたゲームだが、メタスコアがイマイチだったことから懐疑的な空気が生まれてしまった作品。ただ発売から直ぐ…

『工藤新一少年の冒険』で初代キッド(盗一)は小学生の新一に「私は君の兄弟だよ…」、『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』考察

ネタバレ注意 『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』を観た。 キッド、コナン初登場回から「似てる」強調 本作ではラストで「優作と盗一は生き別れの双子の兄弟でコナンとキッドは従兄弟関係だったから顔と声がそっくりだった」という事実が明かされる。「双子…

【明かされたキッドの真実は…】『紺青の拳』テイストで北海道版『迷宮の十字路』、『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』感想

ネタバレ注意 『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』を観た。 近年はキャラ推し路線のコナン映画 『劇場版名探偵コナン』シリーズは『業火の向日葵』辺りから「キャラ推し」の方向が強くなり、『ゼロの執行人』の大ヒットによりその方向性は加速。ただシリーズ…

「『変な家』に不穏な空気」「ドラえもん安定、FLYは低空飛行」「ハリウッド大作IMAX論争勃発」、春休み映画興行収入2024

2024年度春休み映画の興行収入への雑感。 『変な家』大ヒットも不穏な空気 この春最大のヒットはウェブライターの雨穴氏によるウェブメディア記事、YouTube動画、その動画と連動した不動産ミステリー小説を原作とした実写映画『変な家』で最終興行は40億円超…

「ファンダムアニメヒット連発」「日米漫画実写映画に命運別れる」「アカデミー賞効果発揮の邦画」、映画興行収入2024年・冬

1〜2月の映画興行収入の雑感。 ファンダムアニメ映画の大ヒットが連発! 年明け最大のヒットとなっているのは『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』でオープニング興行は3日間で22.3億円、8週末の累計興行収入が92.67億円と最終興行100億円突破が目前の大…

【韓国版と原作の違い】右手に寄生ではなく15分だけ人格が入れ替わるNetflixシリーズ『寄生獣-ザ・グレイ-』ネタバレ感想

監督 #ヨン・サンホNetflixシリーズ『寄生獣 ーザ・グレイー』4月5日より独占配信開始。人間に"擬態"して生きる寄生生物。もしそれが韓国に襲来していたら…… pic.twitter.com/PpBH3LxZgY — Netflix Japan | ネットフリックス (@NetflixJP) 2024年3月20日 ネ…