『るろうに剣心』『キングダム』と成功作も… 『ゴールデンカムイ』実写映画化で恐れられる「福田雄一監督」と「『進撃の巨人』コース」

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『ゴールデンカムイ』の実写映画化が発表された。

 

  • 実写映画化決定、ネットでは福田雄一監督予想

るろうに剣心

キングダム(映画)

本作が『このマンガがすごい!』オトコ編で第2位を獲得したのが2016年。漫画ファンの間では2015年には「面白い」と話題になっており、『ダンジョン飯』に次ぐ「飯テロ漫画」という印象もあった。そんな本作には当時から実写映画化の話が少なからずあった。個人的には本作同様に明治時代を舞台にした人気漫画の実写映画版『るろうに剣心』シリーズが成功を収めていたことから、「同じ路線でやれば悪くないかも」みたいなことを思ったのを覚えている。2022年現在では『キングダム』という成功作も加わり、人気漫画の時代劇アクション大作は上手くやれば日本の強み(とはいっても『キングダム』の舞台は中国だが…)も生かせた映画が生まれるジャンルだとも思っている。そしてこうした見解は自分だけでなく少なくない人が共有しており、既にネットでは『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督や『キングダム』シリーズの佐藤信介監督が監督予想の候補として浮上している。またギャグのノリを踏まえると『ヤンジャン』実写映画化作品としては『テラフォーマーズ』という汚点こそあれ何だかんだで傑作を生む可能性も秘めている三池崇史監督も有力候補として指摘される。

 

 

銀魂

新解釈・三國志

一方でSNSで悪い意味で監督候補として注目を集めている「杉本役・小栗旬、アシリパ役・橋本環奈、白石役・ムロツヨシ」での福田雄一監督説は、これまでのフィルモグラフィからも流石にこの手のアクション大作映画での抜擢はないのではないかと思える。ただキャスト自体は十分あり得そう。他の候補としては近年『曇天に笑う』『ブレイブ -群青戦記-』と漫画原作の時代劇映画を立て続けに公開した本広克行監督の可能性もあるが、画面が安っぽくなりそうで不安。また昨年『東京リベンジャーズ』をヒットさせた英勉監督もなくはない。ただ堤幸彦監督の名前も見たが、2016年に時代劇『真田十勇士』を監督してはいるものの大コケしており、漫画原作の実写映画も2010年公開の『BECK』以来監督しておらず、近年の映画も小説原作の社会派作品が多いので作風等を踏まえても可能性は低いのではないかと感じる。山崎貴監督も実写映画化の際に自由度の低そうな原作の作品はやらなそうな印象がある。

 

※十中八九オファーされてないであろう福田雄一監督が候補として浮上して批判されているのは流石に可哀想に思う

 

mjwr9620.hatenablog.jp

 

 

  • 『進撃の巨人』コースで脚本・町山さん説

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

監督予想はこれくらいにして、脚本は誰が担当するのかも気になる。実は自分が本作を知ったキッカケは伊集院光さんのラジオ番組の以下のトークからだった。

「町山さんがあの…マンガで、ほら最近の今、人気がどんどん上がってきてるマンガで、町山さんがそのことをラジオで喋って、『映画にしたら凄くなるんじゃねぇか』って…」って話をしてたら、町山さんは、「マンガを映画にしたら」「人気があって」みたいなパーツを全部組み合わせて、「こいつ、変なことを言うな」っていう(笑)

町山さんが、あんま今、言われたくねぇ話のところにきたな、みたいな(笑)それがちょっとおもしろかったんですけど

伊集院光、町山智浩に話しかけて映画『進撃の巨人』の批評をするのではと警戒される「あんま今、言われたくねぇ話」 | 世界は数字で出来ている

これは2015年9月放送の『ゴールデンカムイ』を話題にしたトーク。伊集院光さんは映画評論家の町山智浩さんが『ゴールデンカムイ』を読んでいると知って一緒に語り合おうと話を持ちかけたが、「人気漫画」「実写映画」のワードから町山さんが当時自身が脚本を担当して大炎上した人気漫画の実写映画『進撃の巨人』の話題だと誤認されたという笑い話。

そして約3ヶ月後に町山智浩さんは『ゴールデンカムイ』の作者・野田サトル先生の対談。こうなると『進撃の巨人』の諫山創先生が町山さんと対談するなどして最終的に実写映画版までの脚本を任せたという経緯が嫌でもフラッシュバックする。そのため、当時はネットの一部で「町山さん、『進撃の巨人』の次は『ゴールデンカムイ』を脚本するのでは…」とネタにされていた。

 

 

  • 最後に…

福田雄一監督同様に町山さんが脚本という可能性もほぼないに等しい気はする。最後に良い映画になることを祈る。

 

  • 関連記事

mjwr9620.hatenablog.jp

mjwr9620.hatenablog.jp

mjwr9620.hatenablog.jp

mjwr9620.hatenablog.jp