スポンサーリンク

映画

【映画興行収入2024GW】「次は下がる」覆し続けるコナンが歴代最高ヒット、マイゴジ相乗効果期待作公開も昨年に比べて…

今年のゴールデンウィーク興行の振り返り。 コナン映画最新作、 下馬評覆し歴代最高へ 今年のゴールデンウィーク最大のヒットは シリーズ累計観客動員数が1億人を突破した『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』で公式目標の「1億ドル(円安なので150億円超え)」…

【ネタバレ】「行きつけの小料理屋で…」「オーラがありすぎて…」、山崎貴監督『ゴジラ−1.0』に橋爪功が一瞬映る理由

山崎貴監督『ゴジラ−1.0』の橋爪功さんの話。 本作では銀座襲撃中のゴジラが国会に向けて熱線を放つ直前の尻尾から青く光る背鰭が飛び出してくる緊張感溢れるシーンで、ワンカットだけでその光景を絶望的な表情で見上げる橋爪功さんが映り込む。これに対して…

【ネタバレ】山崎貴監督は「神を鎮めたから」「日本軍は健闘した相手に対しては敬意を持つ」、『ゴジラ−1.0』の敬礼の意味

山崎貴監督『ゴジラ−1.0』のラストの敬礼についての話。 山崎貴監督、敬礼の意味は「神を鎮めたから」 本作は公開当時からラストの敬礼シーンについて「あれは誰に対して何のつもりでやってたの?」と話題になっていた。これは山崎貴監督が撮影後に書き下ろ…

「人権意識の高い大人の鈴木亮平」と「原作に魅了された少年時代の鈴木亮平」の調和、Netflix映画『シティーハンター』感想

Netflix映画『シティーハンター』キーアート&追加キャストを公開!◆警視庁捜査一課係長・伊東昭孝役 #杉本哲太◆有名コスメブランド社長・瀬田月乃役 #水崎綾女◆瀬田社長の秘書・今野國雄役 #迫田孝也原作者 #北条司 先生のコメントも到着(続)#映画シティー…

意外と決着の瞬間を見せてくれない怪獣プロレス映画『ゴジラ×コング 新たなる帝国』ネタバレ感想

『ゴジラ×コング 新たなる帝国』を観た。 本作は日本が『シン・ゴジラ』『ゴジラ−1.0』とシリアス方向のゴジラ映画が続いている一方で「ハリウッドは莫大な予算を注ぎ込んだVFXを駆使して東宝チャンピョンまつり時代の怪獣プロレスをやろうとしている!」と…

【ネタバレ】山崎貴監督『ゴジラ−1.0』の敷島は大戸島で呉爾羅を撃つべきだったのか

アマプラで配信が開始される山崎貴監督『ゴジラ−1.0』の主人公・敷島は大戸島で呉爾羅を撃つべきだったのか、否かの話。前半は公開当時の個人的な感想、後半は小説版や山崎貴監督のSNSやインタビュー内容を踏まえた内容。 ストーリー的には「撃つべき」に見…

『工藤新一少年の冒険』で初代キッド(盗一)は小学生の新一に「私は君の兄弟だよ…」、『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』考察

ネタバレ注意 『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』を観た。 キッド、コナン初登場回から「似てる」強調 本作ではラストで「優作と盗一は生き別れの双子の兄弟でコナンとキッドは従兄弟関係だったから顔と声がそっくりだった」という事実が明かされる。「双子…

【明かされたキッドの真実は…】『紺青の拳』テイストで北海道版『迷宮の十字路』、『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』感想

ネタバレ注意 『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』を観た。 近年はキャラ推し路線のコナン映画 『劇場版名探偵コナン』シリーズは『業火の向日葵』辺りから「キャラ推し」の方向が強くなり、『ゼロの執行人』の大ヒットによりその方向性は加速。ただシリーズ…

「『変な家』に不穏な空気」「ドラえもん安定、FLYは低空飛行」「ハリウッド大作IMAX論争勃発」、春休み映画興行収入2024

2024年度春休み映画の興行収入への雑感。 『変な家』大ヒットも不穏な空気 この春最大のヒットはウェブライターの雨穴氏によるウェブメディア記事、YouTube動画、その動画と連動した不動産ミステリー小説を原作とした実写映画『変な家』で最終興行は40億円超…

「ファンダムアニメヒット連発」「日米漫画実写映画に命運別れる」「アカデミー賞効果発揮の邦画」、映画興行収入2024年・冬

1〜2月の映画興行収入の雑感。 ファンダムアニメ映画の大ヒットが連発! 年明け最大のヒットとなっているのは『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』でオープニング興行は3日間で22.3億円、8週末の累計興行収入が92.67億円と最終興行100億円突破が目前の大…

【ネタバレ】新海誠監督・震災三部作『君の名は。』『天気の子』『すずめの戸締まり』と「喪の作業」

ネタバレ注意 新海誠監督は『すずめの戸締まり』の入場特典『新海誠本』で「災害に限らずとも、大切な人を失ったことを乗り越えて、受け入れていくにはある種の段階がある」「(『喪の作業』に当てはめると)僕にとって『君の名は。』は最初のステップで、それ…

求められてるのは免罪符?悪ふざけで書いた「黒人らしい物語」が「リアルだ!」と大絶賛されるコメディ『アメリカン・フィクション』

ネタバレ感想 アマプラで『アメリカン・フィクション』を観た。 求められてるのは免罪符? 多様性の面で特筆すべきは「オッペンハイマー」を抑えて「アメリカン・フィクション」が脚色賞を獲得したことだ。主人公はスノッブな黒人作家。貧困層の黒人の若者が…

日本公開危ぶまれた「原爆の父」の伝記映画『オッペンハイマー』がクリストファー・ノーラン監督の過去作と同水準のヒット

クリストファー・ノーラン監督が「原爆の父」を描いた伝記映画『オッペンハイマー』が日本でも公開されてオープニング3日間で3.79億円(先行上映含めると3.81億円)を記録して最終興行15億円以上も見込めるヒットスタート(25億円を見込めるとの話もあるが、そ…

広島の惨状を目の当たりにした主人公は「もし京都に3発目が使われるなら…」、日本の原子爆弾開発を描いた青春映画『太陽の子』

クリストファー・ノーラン監督が「原爆の父」を描いた伝記映画『オッペンハイマー』の公開によってアメリカ映画の原爆描写に注目が集まっているが、日本でも今から4年前の2020年夏に日本海軍から依頼を受けて原子爆弾の開発をしていた京都大学の研究室を舞台…

広島・長崎の被害の直接描写なしが日本で物議のクリストファー・ノーラン監督『オッペンハイマー』と『風立ちぬ』とNHK

ネタバレ感想 クリストファー・ノーラン監督が「原爆の父」を描いた映画『オッペンハイマー』を観た。本記事では公開前から日本で物議を醸していた「広島・長崎の被害の描写がない」という点について3視点から私的見解を書いていこうと思う。 広島・長崎の直…

「手描きアニメ」宮﨑駿監督『君たちはどう生きるか』と「低予算高クオリティ」山崎貴監督『ゴジラ−1.0』がアカデミー賞W受賞!

第96回米アカデミー賞で宮﨑駿監督『君たちはどう生きるか』が長編アニメーション賞、山崎貴監督『ゴジラ−1.0』が特殊効果賞を受賞した。 今年は「戦争映画」が強い傾向 アカデミー賞、「戦争映画」が次々受賞 水爆実験で生まれたゴジラも:朝日新聞デジタル…

小説版の敷島は夢の中で出撃仲間から「こいつが卑怯者」、山崎貴監督『ゴジラ−1.0』が「戦争末期の特攻」を否定している理由

日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を『ゴジラ−1.0』の山崎貴監督が受賞したことで「なんであんな特攻を肯定しているのか否定しているのかもハッキリしない映画が!?」という批判があるらしい。 監督の意図と観客の受け取り方に乖離? 物語には、戦争の傷痕が…

【ネタバレ】戦争を生き残ってしまった元兵士たちが自分たちの意思で生き残る、山崎貴監督『ゴジラ−1.0』と「生きて、抗え。」

山崎貴監督『ゴジラ−1.0』、複数の監督インタビューや監督が「戦争観が近い」「インスピレーションを得た」という戦争の生き残りを描いた漫画『あれよ星屑』、映画撮影後に「ここ足りなかったな」と思った要素を追加した書き下ろしの小説版などを踏まえた結…

絵本的スチームパンクの世界観が素晴らしいエマ・ストーン主演、ヨルゴス・ランティモス監督の映画『哀れなるものたち』のラスト

ネタバレ注意 絵本的スチームパンクの世界観が素晴らしいエマ・ストーン主演、ヨルゴス・ランティモス監督の映画『哀れなるものたち』を観た。 母親の身体に赤ちゃんの脳みそを… 本作は「自殺した成人女性の頭にその女性のお腹にいた赤ちゃんの脳みそを埋め…

『君たちはどう生きるか/マイゴジ/鬼太郎/トットちゃん/あの花』、各映画に込められた「反戦」「厭戦」メッセージ

ネタバレ注意 2022年末の『徹子の部屋』でゲストのタモリが「(来年は)新しい戦前になるんじゃないでしょうか」と発言した2023年末、映画館は夏からロングラン公開の宮﨑駿監督『君たちはどう生きるか』、山崎貴監督『ゴジラ−1.0』、水木しげる生誕100周年記…

三部作ではなく最初から総集編が「一本の映画」として公開された世界線を見てみたかった/『傷物語-こよみヴァンプ-』雑感

『傷物語-こよみヴァンプ-』を観た。 本作は西尾維新原作の『傷物語』を三部作でアニメ映画化した作品を「完全にシリアスなバンパイアストーリー」として蘇らせた総集編。新たに声を収録したシーンも多いという。そんな本作は「シリアスなシーンをメインに一…

【ネタバレ感想】32年前の東野圭吾原作・重岡大毅主演ミステリー映画『ある閉ざされた雪の山荘で』のよく分からなかったところ

#ある閉ざされた雪の山荘で⛰️本ビジュアル解禁◥◣演技か、事件か。◢◤2024年1月12日公開#重岡大毅 (#WEST )#中条あやみ #岡山天音 #西野七瀬#堀田真由 #戸塚純貴 #森川葵#間宮祥太朗原作 #東野圭吾 監督・脚本 #飯塚健#閉ざ雪 #全員役者全員容疑者 pic.twitter.…

山崎貴監督VFXの「総力戦」、他作品とは桁違いの製作費の『ゴジラ−1.0』がアカデミー賞・視覚効果賞をノミネートした背景

山崎貴監督『ゴジラ−1.0』がアカデミー賞の視覚効果賞にノミネートされた。日本映画では初めてだという。 日本のVFXがハリウッドに比べてショボい理由 VFXというものは予算に裏打ちされたトライ・アンド・エラーで決まっていくんです。CGはトライ・アンド・…

【ネタバレ】山崎貴監督『ゴジラ−1.0』の評価が賛否割れる理由は「様々な顔を持つゴジラのお約束」を詰め込んだ故の「歪さ」か

山崎貴監督『ゴジラ−1.0』の現段階での私的総括。 賛否割れる『ゴジラ−1.0』 個人的な初鑑賞時のファーストインプレッションは「困ったな…」という苦笑いだった。面白くはあったが、求めていたものとは違ったし、それは置いといても何かが引っかかって素直に…

【ネタバレ】スネイプ先生はいい人?かっこいい?原作と映画で印象が異なる『ハリー・ポッター』シリーズ「影の主人公」の正体

『ハリー・ポッター』シリーズのセルブス・スナイプ先生はヴォルデモート側の人間かと思いきや、実は「ハリーの母・リリーのことを愛しているが故にダンブルドアのスパイとしてヴォルデモート側に潜入して、ハリーのことを守っていた」ことが明かされる「影…

【ネタバレ】山崎貴監督『ゴジラ−1.0』ラストシーンの意味、浜辺美波演じる典子の「首の痣」考察

ネタバレ注意 山崎貴監督『ゴジラ−1.0』はラストで死んだと思っていた典子が実は生きていたが、その首筋には黒い痣が浮かび上がってきた…、という意味深な終わり方をする。 山崎貴監督「なぜ典子は死ななかったのか」 「明言は避けたいと思いますが、なぜ典…

『SPY×FAMILY』は期待外れ?『ウィッシュ』ヒットの日本はディズニー大好き?戦中・戦後映画が集中!冬休み興行収入2024

2024年度冬休み映画興行の振り返り。 『SPY×FAMILY』は期待外れ? この冬最大のヒットはオープニング3日間だけで12.24億円を稼ぎ、最終興行60億円超えも期待出来る『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』だが、一部では『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『ONE PIECE』級…

黒柳徹子「スルメを貰うために兵隊に『バンザイ』と旗を振って見送った」、映画『窓ぎわのトットちゃん』で描かれた後悔と理想

ネタバレ注意 映画『窓ぎわのトットちゃん』が絶賛公開中だ。 SNSで口コミ広がる 本作は黒柳徹子の自伝的小説をアニメ映画化した作品。公開前は有名ベストセラー小説の今更の映画化であることやテレビ朝日と黒柳徹子の蜜月関係、戦時中にも関わらずお化粧を…

戦争経験者による子供時代の「自伝的作品」、宮﨑駿監督『君たちはどう生きるか』と黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』の比較

2023年の年末、全国の映画館では『君たちはどう生きるか』と『窓ぎわのトットちゃん』が上映されている。 戦争経験者による子供時代の「自伝的作品」 #ジブリと宮﨑駿の2399日スタジオジブリの世界的な映画監督 #宮﨑駿 さん(82)は、いかにして新作 #君…

『夢のチョコレート工場』の姉妹編、『チャーリーのチョコレート工場』の前日譚ではない『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』を観た。 監督「『夢のチョコレート工場』の姉妹編」 「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」監督が目指す映画の希望 | 毎日新聞→キング監督はミュージカル色の強い71年版の「姉妹編」を考えた→「この映画でも、…