映画

『ONE PIECE FILM RED』オープニング興行収入22.5億円超えのメガヒットスタートの背景にある「音楽の力」と「原作『最終章』突入」

『ONE PIECE FILM RED』がメガヒットスタートを切った。 10年ぶりのシリーズ最高スタート! ◥◣大ヒット上映中◢◤/8/6(土)&8/7(日)の2日間で𝟏𝟓𝟕万人動員興行収入𝟐𝟐.𝟓億円 突破!\●2022年オープニング作品 週末土日2日間動員・興収No.1! ●#ONEPIECE 映画No.1…

鑑賞前と鑑賞後でウタの『新時代』への印象が大きく変わる尾田栄一郎総合プロデュース映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ感想

ネタバレ注意 予告編でAdoが歌う『新時代』が印象的だったので『ONE PIECE FILM RED』を観た。 ウタのあまりにも辛すぎる設定 youtu.be 本作は『君の名は。』以降流行りの音楽に力を入れたミュージカル風映画。良い音響で大スクリーンの劇場で鑑賞すれば、そ…

細田守監督作品『竜とそばかすの姫』で「48時間ルール」を誤認する人が少なくない理由と現実世界の問題

ネタバレ注意 細田守監督作品『竜とそばかすの姫』は後半の重要なシーンで少なくない観客が「48時間ルール」について誤認している可能性がある。 そもそも「48時間ルール」とは? 「48時間ルール」は以下の通り。 虐待通告受理後、原則48時間以内に児童相談…

映画興行収入レポート「2022年度上半期トップ10」/『劇場版 呪術廻戦0』『トップガン マーヴェリック』の2作品が100億円突破!

「全てを懸けて呪い合う映画」と「誇りをかけて飛ぶ映画」が100億円超えした「2022年度上半期映画興行収入ランキングトップ10の雑感。尚、興行収入は現時点での見込みで確定値ではない。ちなみに吹替含めて長澤まさみ出演作品が3本ランクインしていて相変わ…

陰謀論肯定型SFディザスター映画『ムーンフォール』ネタバレ感想、ローランド・エメリッヒ監督の関心は「地球」ではなく「宇宙」か

ローランド・エメリッヒ監督最新作『ムーンフォール』を観た。 エメリッヒ最新作がまさかの配信スルー… 7月15日(金) 21:00のLIVE配信を予定していた『ムーンフォール』のドローンショーは、中止となりました。楽しみにお待ちいただいた皆様にはご迷惑をおか…

「地球の支配者は人類か恐竜か共存か」、『炎の王国』で課した問いを「イナゴ」で煙に巻く『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

ネタバレ注意 シリーズの壮大な終幕であるはずの『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』が日本でも公開されたが、SNSの反応を観てると「求めてたのとは違う…」と残念がる感想が多い印象を受ける。 youtu.be それもそのはず。多くの観客は前作『ジュラシ…

【巨大イナゴ】「同窓会」感はあれど「シリーズ完結編」感には乏しい『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ感想

ネタバレ注意 シリーズの壮大な終幕『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』を観た。 『炎の王国』で明かされたタイトルの意図 『ジュラシック・ワールド』シリーズの1作目は「ついにあのパークが本当にオープンしたんだ!」というワクワク感もあり、それ…

【興行収入】山崎貴監督最新作『ゴーストブック おばけずかん』が苦戦/子供がターゲットの「ジュブナイル映画」はヒットが難しい?

山崎貴監督最新作『ゴーストブック おばけずかん』が公開されたが、オープニング興行は3日間で8549万2500円と余程の奇跡が起きない限り最終興行10億円突破が難しい結果となった。 元編集長の映画便り on Twitter: "7/24までの累計数字です。 『劇場版仮面ラ…

「ガッキーをガッキーと認識していないくらいの小学生の心に残ればいいな」と思った山崎貴監督『ゴーストブック おばけずかん』感想

山崎貴監督最新作『ゴーストブック おばけずかん』を観た。 山崎貴監督、デビュー作品以来のジュブナイル映画 本作は小学校の図書室でいつも貸出中故に「大人が知らないベストセラー」というコピーのついている童話絵本『おばけずかん』シリーズを山崎貴監督…

【上映時間の大半が戦闘シーン】「羌瘣」と「夢」を軸にして「蛇甘平原編」を実写映画化、『キングダム2 遙かなる大地へ』感想

山崎賢人主演・佐藤信介監督作品『キングダム2 遙かなる大地へ』を観た。 推定製作費14億円以上、実写邦画の限界突破 『キングダム2』プロデューサー「 『普通の邦画5本分』だったパート1の製作費に対し、今回はさらに上乗せした『7本分ぐらい』」「パート1…

【興行収入】山崎賢人主演・佐藤信介監督の実写映画『キングダム2 遥かなる大地へ』が大ヒット、更なる続編公開の計画

山崎賢人主演・佐藤信介監督最新作『キングダム2 遙かなる大地へ』が公開され、大ヒットスタートとなった。 前作は興行収入57.3億円の大ヒット 本作は累計発行部数9000万部突破する原泰久の大ヒットコミックスを『GANTZ』『アイアムアヒーロー』の佐藤信介監…

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』は「1人の身勝手な行動によって起きた事件なのか」、そして「×が最後に笑った理由」

ネタバレ注意 ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』があまりにも「虚無」だったので、興味はあるけどドラマが未見故にスルー予定だった西谷弘監督最新作『バスカヴィル家の犬』を観た。同監督作品らしく「ラム肉」や「トマトジュースのような赤い飲み物」の…

【虚無】ディズニー・ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』ネタバレ感想、この映画は1995年に子供のアンディが観た映画なのか?

ネタバレ注意 ディズニー・ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』を観た。 You've got a friend, we have the seats. Get this exclusive art at The Andy Experience early access screenings today! Tickets are now available: https://t.co/MAxL09V0iG …

【興行収入】実写映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』の宣伝キーワードは「原作ファン」「原作の再現率」「原作そのまま」

実写映画版『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』が公開されたが、『完結編』の前編である『復讐者スカー』に続きオープニング3日間の興行収入が1億円割れの厳しいスタートとなった。 元編集長の映画便り on Twitter: "『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』は3…

『トップガン マーヴェリック』のプレミアに日本と韓国で差… 日韓でのトム・クルーズとブラッカイマーの映画興行収入を比べると…

#TopGunTakesFlight in Korea! Look who just flew in on the next stop of the #TopGun: Maverick premiere tour. pic.twitter.com/knl5xyKJT2— Top Gun (@TopGunMovie) 2022年6月19日 \❤️‍日本中が"超胸熱"な1日に❤️‍/#トム・クルーズ#ジェリー・ブラッ…

【保安官バッジ】『トイ・ストーリー4』でボニーがウッディを飽きた理由はジェシーに心移りしたから

「みんなのこと大事にするって約束してくれるかな?僕の、宝物なんだ」 『トイ・ストーリー3』のラストでアンディはウッディをボニーに託したが、『4』でボニーはウッディに飽きて遊ばなくなっていた。これに対して「子供だから仕方ない」と擁護意見はあるも…

前編大コケの『鋼の錬金術師 完結編』と河瀬直美総監督『東京2020オリンピック』の後編(『最後の錬成』『SIDE:B』)が同日公開の悲劇

2部作連続公開映画『鋼の錬金術師 完結編』と『東京2020オリンピック』の前半である『復讐者スカー』と『SIDE:A』が興行的に大コケした。特に後者は大会になぞられて「無観客」と揶揄の対象になっている。 2部作連続公開映画は前編と後編の公開期間のスパン…

『シン・ウルトラマン』は「庵野秀明総監修の作品」なのか「樋口真嗣監督の作品」なのか

庵野秀明総監修・樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』に対して「アレは庵野さんの作品なのか樋口さんの作品なのか」が話題になっているらしい。個人的には「2人の作品なんじゃないの?」という無難な見解を持っているが、宣伝で前に押し出されているのは…

【戸田奈津子】トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』ネタバレ感想、"It’s time to let go"の字幕

英語は苦手だ。というか、リスニングに関しては殆ど分からない。そのためアメリカの映画は日本語字幕か日本語吹替に頼るしかない。多分、そんな日本人は多い。 トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』はマーヴェリックが事故で亡くなったグース…

興行収入40億円超えの大ヒット映画、庵野秀明総監修・樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』の「続編」と「製作費」

庵野秀明総監修・樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』が興行収入40億円超えが確実視される大ヒットとなっている。一方で庵野秀明総監修は『デザインワークス』内の手記で「続編は製作費が本作よりもかなり嵩む」「(続編の製作費は)本作の興行次第」とい…

「トム・クルーズ老化問題」を圧倒的な飛行テクニックと映像で説得、36年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』ネタバレ感想

ネタバレ注意 トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』を観た。 ノースタントアクションがウリのトム・クルーズ youtu.be 本作は1986年に公開して大ヒットを記録した『トップガン』の続編。近年のトム・クルーズ映画は「CGに頼らないノースタントア…

【興行収入】コロナ禍で公開延期を繰り返したトム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が公開されるまでのアレコレ

トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が公開される。 約2年の公開延期を経てついに公開! ◤新ポスタービジュアルも到着◢伝説のパイロット、マーヴェリックがカムバック 『#トップガン マーヴェリック』2020年 7月10日(金)公開決定 ▼詳しくはht…

【興行収入】公式投稿の前作「腐す」コメントに注目も… 山田涼介主演・実写映画版『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』が大コケへ

実写映画版『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』が公開されたが、週末動員ランキング初登場9位でオープニング3日間の興行収入も1億円に満たない厳しいスタートとなった。 元編集長の映画便り on Twitter: "『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』は3日間で動…

「東京オリンピック」と「大阪万博」の間に公開された庵野秀明総監修・樋口真嗣監督の「明るい」映画『シン・ウルトラマン』

『シン・ウルトラマン』の監督が庵野秀明監督ではなく樋口真嗣監督だった理由の一つに初代『ウルトラマン』がポジティブなビジョンに基づいているから、というのがあるという。 樋口真嗣監督は初代『ウルトラマン』について以下のように語る。 1964年の東京…

【興行収入】庵野秀明総監修・樋口真嗣監督『シン・ウルトラマン』に「『シン・ゴジラ』が大ヒットしたのに製作費が少ない」の声

庵野秀明総監修・樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』が大ヒットスタートを切った。 OP3日間で9.9億円、『シン・ゴジラ』超え “ウルトラ”大ヒット! 2022 年実写邦画 No.1! 公開から3日間で観客動員数64万人興行収入9.9億円突破! !映画『#シンウルト…

庵野秀明総監修・樋口真嗣監督『シン・ウルトラマン』の長澤まさみ演じる浅見弘子は『エヴァ』のミサトだと思うと受け入れやすい

ネタバレ注意 『シン・ウルトラマン』の長澤まさみ演じる浅見弘子は『エヴァ』のミサトだと思うと少し受け入れやすい気がする。 まず周囲がガヤガヤと話をしている中で余裕のある後ろ姿を追いかけるショットは『エヴァ』らしい音楽がかかっているのもあって…

【ネタバレ感想】庵野秀明総監修・樋口真嗣監督最新作『シン・ウルトラマン』のCGは『シン・ゴジラ』と比べて…

ネタバレ注意 庵野秀明総監修・樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』のCGの話。 youtu.be 日本映画のCGは実写映画、3DCGアニメ映画を問わず、アメリカの大作映画と比較すると「ちょっとショボいな…」と思うことが少なくない。これは予算の関係で「トライ…

【ネタバレ感想】庵野秀明総監修・樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』における長澤まさみ演じる浅見弘子の描写の是非

ネタバレ注意 企画・脚本等:庵野秀明監督の樋口真嗣監督作品『シン・ウルトラマン』が公開されたが、長澤まさみ演じる浅見弘子の描写が物議を醸している。 物議を醸してるのは「浅見が気合いを入れるときに自分のお尻を叩くが、それを他者にもやる描写」「浅…

『シン・ウルトラマン』公開、樋口真嗣監督作品「興行収入」レポート/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』『シン・ゴジラ』篇

樋口真嗣監督最新作『シン・ウルトラマン』公開に便乗して樋口真嗣監督作品を「興行収入」を軸に振り返る。 『進撃の巨人』、二部作連続公開で後編半減 犬童一心監督との共同監督作品『のぼうの城』が興行的・批評的成功を収めた次の樋口真嗣監督作品は単独…

『シン・ウルトラマン』公開、樋口真嗣監督作品「興行収入」レポート/『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』『のぼうの城』篇

樋口真嗣監督最新作『シン・ウルトラマン』公開に便乗して樋口真嗣監督作品を「興行収入」を軸に振り返る。 『隠し砦の三悪人』のリメイクは大コケ 賛否両論ながらも『ローレライ』『日本沈没』と2作品連続でヒットを記録していた樋口真嗣監督だったが、日本…